ピアノサークルわれもこう
ごあいさつメンバーお知らせ練習会つぶやき録おきにいりコンサート・レビューチケットまも練習室ゲストLog Inスタジオ一覧音楽施設情報旨クラブわれもこう運動部未分類練習会の記録(2008年)2008年演奏会RSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ゲゲッ!『エリーゼのために』のオリジナルって・・・

sakkyokuka.jpg


今日の管理人の小ネタ話は、
ピアノを弾いたことのある皆様もそうでない方もよくご存知の
ベートーヴェンの傑作『エリーゼのために』について。

管理人は先日、友人Hさんに誘われて某サロン主催の講演に参加してきました。
大変おもしろく興味深い話がテンコモリの会でして、
2時間たっぷり堪能し、そして考えさせられた一日でした。

『エリーゼのために』のミレミレミシレドラ~♪ではじまるあの有名なメロディ。
世の中にはですね、「レ」からはじまるエリーゼのためにの楽譜があるらしいですよ。
アシュケナージが録音してるらしいです。(;^_^)
いったいどこの版を使ってるんでしょ・・・てことはおいといて本題にいきましょう。


会場には100年以上まえのビンテージ・ピアノがごろごろありまして
こわくて値段が聞けない名器ばかりがありました。
お題のベートヴェンにちなみ、参加者から3名が選ばれて
好きなピアノでエリーゼのためにを弾くことになりましたんです。
トップバッターは友人Hさんが、100年前のベヒシュタインで大変美しい演奏を披露されました。
二番目は、ピアニストとおぼしき女性が指名され100年ほど前のプレイエルで
素晴らしい演奏を披露されました。
三番目はなんといきなりアタクシめが指名され・・・
あわあわとなりながらも大変めずらしいブリュットナーのフル・コンサートグランドを使い
なんとかヨタヨタと弾ききりました。<いきなり言われたって弾けねっつの

3人3様のエリーゼのためにが終わったあと
ベートーヴェン直筆による楽譜コピーを見せていただきました。
そして大変大きなショックを受けた次第でございます。
なにがというと

          「ベト様は字が汚い」


そして
オリジナル楽譜には、エリーゼのためになんつー

   タイトルはどこにも書いとらん!!

ということに驚きをかくせませんでした。
タイトルどころか楽譜の細部も全然ちがうのであります。
私たちが使う楽譜には最初にpoco motoと書いてあり、速度指示はちと早め。
ところが、オリジナル楽譜にはそんなこと書いてない・・・。
ていうか、オリジナルの楽譜の上部に

           molto grazioso

と殴り書きしてあるだけなんです。
タイトルは書いてないし、molto graziosoだったら全然解釈違ってくるじゃん?と。
『エリーゼのために』というタイトルがついたのは、いろいろといきさつがあったようですが
本人がつけたものではないそうです。
とすると、もしかしたら恋人を思って書いた曲なんかじゃないかもしれないわけですよ。
天気が悪くて散歩にいかれず、いらいらして書いた曲かもしれないわけですよ。
借金が多くてどうしよう・・・っていうビンボー鬱から書かれた曲かもしれないし。
「失くした小銭」が見つかるまでの心の葛藤を書いた曲かもしれません。
出したくても出ない便秘の悲哀を主張した曲かもしれ・・・

と次々にくだらない妄想が頭をよぎり始めたころ
プレゼンテーターの先生が、「初版の楽譜」を使ってエリーゼのためにを
演奏してくださいました。す・る・と・・・・


    ぬぉぉぉぉ!!!全然違うッ!!(@д@)

ベートーヴェンが作曲したオリジナルなるのエリーゼのためにというのは
私たちが知っているイメージよりもはるかに美しく、ロマン派の香りがホワワと漂うほどなのです。
現代の楽譜にはない休止符や装飾音符があったり、短いカデンツァを思わせるような
フレーズが入っているのです。
まさにmolto graziosoという指示がぴったり♪
ベヒシュタインで演奏中、ソフト・ペダルをずっと踏まれていました。
霞がかかったような温かく柔らかいとても繊細な曲だったんです。

あたくしは驚き、大きなショックを受けました。
なんでこれほどまでにオリジナルから変化したものが広まってしもうたのか。
いろいろと理由はあるようですが、書くのが面倒くさいので省きます。
簡単に言えば、長い時を経る間にあらゆる人によって手が加えられたということらしいです。
ほんじゃ、われわれはウソもの弾いてるわけかい・・・と
正直かなり複雑な気持ちに・・・。

プレゼンテーターの先生は、オリジナルもしくは初稿をしらべる努力を常にしなければならないとおっしゃっていました。
どの曲がどれほど手を加えられているのか、オリジナルを調べることが難しい場合は
いろいろな版をそろえて比較検討することが真実(オリジナル)に近づく方法ですね、
ということでした。
そりゃーそうだろうよと管理人は思ったわけです。
エリーゼのためにでこれだけオリジナルと違ってるなら
他の曲は一体どーなってんのか想像すると恐ろしくなります・・・。
ケンプやブレンデルなど名だたる巨匠達は、すべてオリジナル&初版楽譜をチェックした上で
録音にのぞんでいるそうです。さすがですね。
彼らのCDを聴きながら、ヘンレ版やウィーン原典版など、あたりまえに
「原典版」といわれている楽譜をみながら、なにか違いが見つかるか調べてみようかと・・・。


最後に

 「楽譜は作曲者からの手紙と同じです。
  一音一音がアルファベットと同じです。
  作曲者の気持ちを想い、時代を想い、背景を想い、
  大切にそれぞれの曲に向き合っていただきたい。」

というステキなメッセージを頂いて会は無事おひらきとなりました。
ベートーヴェンはコーヒー好きとか、ヨーグルト好きだったとか
いろいろとおもしろい話題がテンコモリの会で、人間・ベートーヴェンを感じることができ
そしていろいろと考えさせられた有意義な一日でした。

口なおしに。
オリジナルに手を加える、変えてしまうというなら徹底的にアレンジして遊ぶのも
現代の楽しみのひとつですよね。
これくらいアレンジしちゃうと、気持ちいいくらいかっこいいわなという演奏をご紹介します。
同門下でお世話になっている松本あすかさんの

        「エリーゼのために・あっちゃんノリノリ編曲バージョン」
 

です。
彼女は今年メジャー・デビューすることになりました。
ステキなCDができたそうです。そのうち発売されますので
どうぞ応援してあげてください。






waremoko 管理人
nino♪


  1. 2008/02/19(火) 02:50:58|
  2. つぶやき録|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

バレンタインデー

aporo1.jpg

昨日はバレンタインデーでしたね。
みなさま、いかが過ごされましたでしょうか。
商業主義でもりあがるバレンタインなんぞにビタ一文払いたくない
可愛いげ0%の管理人でございます。

バレンタインデーといえば。
若かりしころは私めも、職場の上司たちに毎回チョコレートをくばってた時期もありました。
ホワイトデーにお返しされたものは、なんとヒラヒラのレースがついたシルクのパンツ!
しかも、こんなんで隠せるんか?と思えるほど小さなヒモパン型!!!
おじさんたちが共同で考えに考えたあげく用意したお返しの品だったそうで。
女子一同、ドン引き。
その後、いただいたヒモパンを着用したかどうかはご想像におまかせしますが(^_^;)
ほかの女の子たちによると、パンツが小さすぎて尻がはいらない子が続出してたもようです。(爆)

チョコにまつわるドン引きの思い出といえばもうひとつ。
当時、私の直属の上司はロス駐在、ヨーロッパ駐在を経験して帰国したばかりのナイスガイ。
バイリンガルで金持ちで愛妻家で子供好き。
しかもアタシの大好物な「ガタイデブ」(ラグビー選手だった)!!!
海外赴任を経験してる紳士っぽい風情、仕事には超アグレッシブなかっこよさ、
低くて甘い声と見た目がウケにウケて、他の部署の女の子からも大人気。
まいど机に山ができるほどチョコがいっぱいでした。
そしてホワイトデーにお返しされたものは・・・・



   「ロスのお隣に住んでいたおじいちゃまからレモンが送られてきました。
    そのレモンでパウンド・ケーキを作りました。
    皆様で召し上がってくださいね。かしこ」


         (@д@;)?!

おかえしの品に、超達筆で幸せそうな奥様の文字が!!!
それを見たとたん、寒い空気が職場を覆うのでした。
女子一同、ドン引き。
すげー、この妻すげーよと。
「かしこ」で〆られてるよと。
「めしあがってくださいね」という一文の最後の“ね”に挑戦状を感じるぜと。
フツー、チョコレートのお返しの品なんかに妻が一筆かくかーーー??
うちの夫にはワタクシという妻がおりますという、強い、ごっつ強い主張を感じる!!
ぐぁぁあああ。<負
モテモテのだんな様をもつ奥様ってのもたいへんなんだと
妻の気苦労をかいまみた管理人なのでした。


ちなみに、我が家の昨日。
風邪をひいて熱をだし、頭もじゃもじゃ、顔色最悪、ふとんをかぶって
死んだイモムシのようにソファーでぐったりしたままゴハンも作れず

      「おとん・・・お水とおにぎり買うてきてくれ・・・」

そう。チョコレートどころではありませんでした。
我が家では儀礼廃止。<と都合のわるいときだけ言ってみる。
かえってきた相方ちゃんに

         「チョコ、いくつもらった?」

ときいてみると。

   「なんか机の上においてあったから引き出しにしまってきた・・・」


 ・・・ホンマにチョコもらえたのかぃな・・・(^_^;)・・・


と疑いのマナコで相方をみつめる管理人なのでした。(笑)
てか書きたかった記事はチョコの話なんかじゃなかったーーーーー!
つことでまた改めます。

waremoko管理人
nino♪







  1. 2008/02/15(金) 12:02:29|
  2. つぶやき録|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

ツキ

月曜日は会社に出かけ~♪
チュリャ、チュリャ、チュリャ、チュリャラ~♪
・・・と週の頭から壊れ気味の我が輩である。
今日は1日バタバタして、しかもツイテイナイ日であった★
こんな日はスカーッとするような曲を弾いて・・・と思うが弾く場所も弾く曲も持っていない。
雨が降ってきた・・・冷たい雨だ。
それでも何か良いこと無いかと、われもこうのブログを訪ねてみる。
をっ!
Tもさんからコメント入ってる!
一瞬ニタリとする。
おうっ!
久しぶりにOGのAさんがココを訪れてくれている!
元気かな~?
ナニナニ、化粧を変えたって~え?
そいつはしまった~見逃した~、一生の不覚じゃあ・・・。
やっぱ新年会は何があってもいかにゃならんかったんじゃあ~、ドンドン(地団太の音)。
・・・やはり今日はツイテイナイ日であったようだ★

            Jの日記より
  1. 2008/01/28(月) 23:03:00|
  2. つぶやき録|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ピアノ特集!

管理人でございます。
われもこうの皆様、昨日はおつかれさまでした。
2008年度、第1回目の練習会&新年会。
とても美味しかった~(ちがうか)!楽しかった~!
幹事のテツさん、ヒマなときでいいので練習会記事をぜひよろしくです。m(_)m

さて、話はかわります。ちょっとみなさんにご紹介。
今月号のEsquireという雑誌。ピアノ特集です。特別付録でCDついてくるらしいですよ!
書店・HPでチェックしてみてくださいね。

EsquireのHPはこちらから。

index_mainimg00.jpg



written by 管理人nino♪


  1. 2008/01/27(日) 10:35:56|
  2. つぶやき録|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

三浦友里枝さんコンサート

今日、あのパーシモンホールの小ホールで、三浦友里枝さんという若いピアニストのピアノ・リサイタルがあり行ってきました。
前半はシマノフスキとスクリャービン、後半はショパンでした。
表現がとても良かったと思いました。
名曲好きの私としてはやはり、なじみのあるショパンの名曲が印象に残りました。別れの曲や幻想即興曲。

弾くことにとらわれるだけじゃなく、表現にも気を配るようにしたいなと思いました。

誰か別れの曲 弾いてくださ~い♪


written by Chieko
  1. 2008/01/19(土) 20:50:06|
  2. つぶやき録|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。