ピアノサークルわれもこう
ごあいさつメンバーお知らせ練習会つぶやき録おきにいりコンサート・レビューチケットまも練習室ゲストLog Inスタジオ一覧音楽施設情報旨クラブわれもこう運動部未分類練習会の記録(2008年)2008年演奏会RSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アルゲリッチのナゾの会話

管理人です。
みなさま、お久しぶりです。<みなさまって誰・・・

報告が遅れましたが、5月にアルゲリッチ聴いてきました。
今年はアルゲリッチ音楽祭10周年記念とやらで東京でも聴けることになり、
大分には行かず東京の紀尾井ホールで聴きました。
S席18000円という高値でキツーと思いましたが、行ってよかったです。
前から3列目、ど真ん中の席を陣取ってかぶりついて聴けました。
常に不機嫌そうに見えるアルゲリッチですが、(コワモテだけど、ごっつ美人デス)
今回はご機嫌うるわしかったようで、終始ニコニコご機嫌でした。
10周年記念のお祭り、お祝いムードがあったからかもしれません。

客席には美智子皇后陛下をはじめ、元日銀総裁、民主党の議員の方、
ピアニストの小菅優さんなどなど・・・各界のそうそうたる面々がいらしていて
ゴージャスで特別な雰囲気が漂ってましたねぇ。

さて、なんといってもこの日は二台ピアノをやったんでございますヨ。
ラフマニノフのシンフォニック・ダンス(交響的舞曲)。
超かっこえがった・・・。

2台のお相手は、同じアルゼンチン出身のピアニスト、ネルソン・ゲルナー氏。
ジュネーブ国際で1位を受賞しているピアニストです。
ゲルナー氏のピアノを聴くのは今回で2回目。
大分で聞いたときより、はるかにイイ味出してました。
気合はいっていましたよー。音もアタマもピカピカでした。
交響的舞曲の最後には、イン・テンポで仕切ってきたゲルナー氏が
アルゲリッチを挑発するようにテンポを煽り、
まるで闘牛士と牛の闘いみたいになっていたのが印象的です。(^_^;)

あのしぶーいしぶーい、交響的舞曲がこんなにかっちょいい曲だったとは。
いやー、天才によるナマ演奏ってのはすごいです。本当に。

そして目玉は、クラシック界の仙人ことミッシャ・マイスキー(チェロ)と
巫女アルゲリッチの合わせもの。
お題は、グリーグ作曲チェロ・ソナタ。

もうね、
いいとか悪いとか
われわれ凡人の評価や感想なんざぁ、飛び越えておられるわけです。えぇ。
次元がちがうっつーかですね。
神に愛されたもーたお2人が、舞台であわせるとああなるワケで。
ひとつだけ思ったのは

    「もうやっちゃって。自由になんでもやっちゃって。
     ていうかそのままイっちゃって。宇宙の果てまで・・・」

みたいな。
うまくいえないんですけど。
こんな感じでした。
誰にも止められない、みたいな。
これって愛・・・だよね?みたいな。


     結論をいうと、ワタシ的にはよくわかんなかったつーか。(爆)


まぁ幸せな夜だったんでヨシなわけです。
アンコールは、ラフマニノフのチェロ・ソナタから3楽章。
エロくて、甘くて、優しくて、極上でした。
デキとんのかい、ふたりは?と疑いたくなるくらいドルチェ。笑

そういえば、ひとつナゾがあるのです。
アルゲリッチは舞台に出てくるときも、引っ込むときも
ずーーーーーーーーっと共演者とべちゃべちゃしゃべってるんですよ。
大分で見ても、毎度そうなんです。
たいがいは、なんか話ながら身振り手振りしながらベラベラ話してる。
で、懸命に拍手をおくっている客のことはスルーしたまま
共演者と話ながら舞台袖に消えていくんです。
いったい何しゃべってんだろ・・・。
共演者も何か一生懸命、アルゲリッチと話してるわけです。
客よりも何よりも、彼女との話すことに共演者のアテンションが向くということは
何かごっつ大事なことでも話してるんでしょうか・・・。

うーーーん、なぞ。
さすが巫女。


witten by 管理人nino♪
スポンサーサイト
  1. 2008/06/05(木) 22:04:55|
  2. コンサート・レビュー|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

北海道を走ってきました。

われもこう運動部よりの活動報告。
と言っても、個人活動です。
北海道の千歳で10km、走ってきました。
例年、6月は、千葉のマラソン大会に参加するのですが、
ピアノ発表会と重なったため、思い切って、北海道に遠征しました。
6月の北海道、爽やかで、森林に中をマイナスイオンを
浴びて、走る気分が最高!!と思っていましたが、実際は、
気温10℃以下と寒い! 雨!! 未舗装の道、泥んこの中、
3つの悪条件が揃ってしまいました。
マラソンやめて、観光にしようと思いましたが、
厚着に、合羽に、予備の靴があれば、何という事はないと、
気持ちを切り替えて、走りました。
走った後は、やはり、気持ちいい。ビールも美味しかった!
今年の秋か来年の春、団体活動もしてみましょう。

さて、音楽の話も。前日は札幌市内に宿泊。
札幌コンサートホールkitaraに行ってきました。
北海道交響楽団、ワーグナーの歌劇「タンホイザー」序曲、
R.シュトラウスの「13管楽器のためのセレナード」、
ブルックナーの交響曲第3番を聴きました。

音楽鑑賞の前は、豊平川河川敷を1時間ほど走りました。
さけが上ってくる河川敷でのジョッギングは、
札幌の名所巡りも魅力的ですが、こちらも贅沢かもしれません。
写真は、ジョッギングする前に行った北大植物園で、温室の
なかの綺麗な花。北海道まで行って、南方の花を撮るのは
どうかと思いますが、一生懸命、咲いています。
DSC00099.jpg

もう一つは、北方に生息するグイマツ、とても自然体です。
DSC00085.jpg

hiroki
  1. 2008/06/01(日) 21:09:00|
  2. われもこう運動部|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。